新郎新婦

少人数のアットホームな結婚式を挙げたい|花嫁になる前に必要な知識

舞台に合った衣装選び

新郎新婦

結婚式の中で新郎が着ているタキシードには、いくつかのタイプがあります。時間帯に合わせたタイプ選びを行なうと良いかもしれません。ちなみにタキシードは、ドレスショップを通して購入します。

Read More...

少人数ならではの魅力

結婚式場

結婚式に招待する人数やスタイルは、基本的に新郎新婦が考えます。ホテルの会場を貸し切って盛大に行なうのか、それともゲストハウスや小さな教会を借りて小規模の挙式にするのかなど、結婚式の式場や挙式スタイルが多種多様である分、考え方も実に様々です。近年人気なのが、アットホームな雰囲気の中で挙げる少人数での結婚式です。ホテルの会場や専門式場と比べ会場の規模やスペースは小さくなりますが、その分親戚や仲の良い知人と暖かな雰囲気の中で式を挙げられます。少人数での結婚式は、小規模である分、挙式に必要な費用も少額で済みます。相場として100万円前後と考えておけばよいでしょう。結婚式を挙げるのに必要な費用の中で特にお金がかかるのは、挙式代や衣装代などです。衣装代は、お色直しの回数や、レンタルにするか購入にするかという部分で必要となる費用が変わってくるので、パートナーとじっくり話し合って決めるとよいでしょう。特にこだわりを持たなければ、案外安く済むかもしれません。

少人数での結婚式を挙げる際、引き出物選びには注意しましょう。結婚式の規模の大小に関係無く、式に来てくれるゲストは一律のお祝儀をあげるからです。祝福してくれたことに感謝を示すためにも、その気持やお祝儀に見合った額の引き出物を用意しましょう。引き出物にお金をかけず、当日の式中に出てくる料理や演出に時間をかける新郎新婦も少なくありませんが、やはり最終的にゲストの手元に残る引き出物にある程度のお金やアイデアは盛り込みましょう。ゲストの年齢層がバラバラであれば、カタログギフトや商品券がオススメです。カタログギフトであれば、ゲスト自身が商品を選ぶことができ、さらに年配の方に向いている商品も多く揃えられています。

式場選びのポイント

結婚式場

結婚式場選びは、慎重に行なうようにしましょう。予算や式場のタイプなどを中心に考えるとよいでしょう。愛知県の豊橋市には、現在15件ほどの結婚式場があります。いずれも魅力にあふれた式場ばかりです。

Read More...

電報のいろいろなタイプ

電報

結婚式用に販売されている電報には、実に多くの種類があります。最近は、バルーン電報やぬいぐるみ電報などが人気を集めています。いずれも価格はバラバラで、形状も大きく異なります。

Read More...