花嫁

少人数のアットホームな結婚式を挙げたい|花嫁になる前に必要な知識

舞台に合った衣装選び

新郎新婦

結婚式の衣装として定番のタキシードには、実は複数のタイプがあります。最も認知度が高く主流とも言えるタキシードタイプ以外に、「モーニングコート」や「フロックコート」、「セレモニースーツ」などがあります。当然どのタイプにも特徴があるので、状況を考えた着こなしを意識しなければなりません。基本中の基本として、式のコンセプトに合ったタイプのタキシードを着用しましょう。また、新婦のドレスタイプもチェックしておく必要があります。衣装のタイプだけでなく、併せてカラーもチェックしておくようにしましょう。結婚式を挙げる時間帯も重要です。午前中もしくは昼間に結婚式を挙げるのであれば、モーニングコートやフロックコートが適切であると言われています。夜間であれば、オーソドックスタイプのタキシードが良いでしょう。また、挙式と披露宴でそれぞれ着る衣装も違うはずなので、中に着るベストやネクタイもタキシードのタイプに合わせたものにするよう考えておきましょう。

結婚式中に着るタキシードを手配する際、ドレスショップに事前に予約を入れておかなければなりません。数週間前だと何かと不安なので、最低でも1ヶ月くらいの余裕は持って予約を入れるようにしましょう。自分の体型や着心地を確かめるためにも、必ず試着した上で選ぶようにしましょう。ショップに行く前に自分の希望のタイプを伝えておけば、お店に着くまでにスタッフが希望に沿ったタキシードを用意しておいてくれます。どのようなタキシードを着たいか、パートナーや家族となるべく具体的に決めておくとよいでしょう。